育毛と発毛の違い

最近抜け毛が気になってきた時にまず疑うべきなのはAGA(男性型脱毛症)です。
AGAは早めの対策が必要不可欠ですがクリニックに行くのは気が引ける、知っている人に見られたらと思うとなかなか治療に踏み込めないという人も多いでしょう。
ですので、誰にも知られたくないならAGA治療は薬でするのが一番です。
まずは治療方法についてですが、育毛と発毛の違いからご説明していきます。
育毛は、髪を太く長く育てる事を指し、毛根を毛に成長させる発毛とは違う言葉です。
言葉の定義は厳密ではりませんが、短縮している毛のサイクルを回復したり、健康だった状態まで長期的に毛を育てる事が、言葉上の主な違いと考えられます。
また発毛は、毛が長期的に抜けている頭皮に対し、刺激を与えて、毛が毛穴から出るのを促す方法と言い換える事が出来ます。
育毛は発毛の延長線上にあり、発毛は毛を育て始める前段階になります。
毛を育てる育毛には、少なくても毛が生えている事実が必要で、毛根が休止期に入り、広範囲が脱毛状態なら、育毛を開始する事は困難です。
つまり、育毛前には発毛が必要不可欠で、眠っている毛根を呼び覚まし、産毛が頭を出す必要があります。
これまでの育毛方法は、頭皮をマッサージして環境を整えたり、叩いて血行を促すやり方が主流でした。
しかし、医学の研究と進歩の発展によって、内服薬や外用薬を使った、効果的な治療が行える様になっています。
発毛と毛を育てる時は、どちらの状態も、毛根を休止期へ移行するのを防ぐ必要があるので、双方の研究や治療は重なっている部分が存在します。
発毛剤の多くは、発毛後の事も考え設計されており、一つで二役といった商品も珍しくありません。
一方、育毛に特化した商品は、血行の促進や抗炎症作用、栄養を毛根に届ける工夫等が行われています。
それぞれの役割は当然ながら、市販の商品よりも医療薬の方が特化型で、処方薬は主に二つの種類が使い分けられます。
ただ、毛の成長を促す薬が、発毛の刺激を与えたり、発毛を促進させる薬が成長を支え、助けている側面もあります。
育毛と発毛は、完全に分けて考えられる概念ではなく、毛の状態であったり、サイクルを考える際の違いといえます。

育毛するメリット

育毛とは現在生えている髪の毛を育てていくことですが、メリットとしては薄毛リスクを軽減できることです。
特に頭皮ケアなどをしていない場合ですと薄毛になってしまう可能性がありますが、きちんと育毛剤で育毛する等の育毛対策をしておけば薄毛になり難くすることができるはずです。
その為、将来的に薄毛になってしまって悩むようなことにならずに済みますし、薄毛にはなりたくないと考えている時には早めの育毛を心掛けた方が良いでしょう。
髪の毛のことについてのストレスを感じずに済むというメリットもあります。
薄毛が気になるような性格の場合、いざ薄毛になってきた時に大きなストレスを感じるようになる可能性があると言えます。
そしてストレスを感じていると精神的にも負担になってしまいますし、時には性格にも影響してしまう可能性もあるのです。
実際、薄毛になったことで自信が持てずに内向的になるようなケースもありますので、薄毛にならないように努力することは性格を暗くしない為にも大切なことと言えるのです。
ヘアースタイルのセットに苦労しなくて済むのもメリットと言えるでしょう。
薄毛になってくると地肌が目立つようになりますので、恥ずかしく感じる場合ですと隠したくなるものです。
その為、ヘアースタイルをセットする際にもあれこれ悩むことになったり、余計な時間が取られるようになりますので出勤前などに苦労するかもしれません。
きちんと育毛対策をしてフサフサを維持することができればそういった手間もありませんので、後々に苦労をしない為にも今の内からの対策が大切です。
早めに育毛をすることによって様々なメリットがありますが、少しでも髪の毛のことが心配ならばフサフサの内からしっかりと対策をした方が良いでしょう。

育毛から発毛に繋がるのか

発毛をさせるためには頭皮環境を整えていく育毛が必要となります。
育毛と発毛は同義として使用されることが多いですが、実際は発毛のほうがより積極的に髪を生やすという意味合いがあります。
これは頭皮ケア用品の性質にも現れており、育毛剤は医薬部外品、発毛剤は医薬品であり、つまりは発毛剤のほうが効果は上ということです。
薄毛の状態から急に髪が生えてくることはなく、段階的に頭皮状態を変えていく必要があります。
最初に行うべき対策は抜け毛の減少であり、これをクリアしないと先には進めません。
抜け毛が非常に多いのに、髪がどんどん生えてくることはありえません。
髪を生やすためには抜け毛をストップさせないと始まらないのです。
抜け毛が減少してくると、薄毛の進行もストップします。
日に日に髪が減っていた方は、減少が止まることで一安心するでしょう。
この時点ではまだ発毛を実感できませんが、しばらく経過すると今度は髪が太くなってきます。
いきなり太い毛が生えてくることはなく、細い毛が成長して太くなっていくイメージです。
太くコシのある毛になると、全体的な髪のボリュームも復活するでしょう。
本格的に薄毛のケアをしたい方は、最初から発毛ケアをするのが理想的です。
一番よいのは医療機関で発毛治療を受けることであり、医師の処方薬を使用して男性ホルモンを抑制するなど、薄毛の原因に根本的に働きかける治療が可能です。
自宅ケアを含めて民間療法で対処できるのは、初期~中度くらいの薄毛であり、ここまでは育毛ケアだけでも対処できます。
明らかに薄いと感じるレベルならば、医療機関で治療を受けたほうがてっとり早いです。
発毛より確実な効果を得られる植毛施術を受けられるのは医療機関だけです。

◆育毛に効果のある医薬品の効果はどんなものなのかチェックしましょう
フィンペシア 効果
◆プロペシアで育毛治療しませんか?
プロペシア