育毛に帽子は優しいのか専門家に聞いてみると

育毛サロンの毛髪診断士に帽子を被ることは育毛に優しいのか聞いてみると、なるべく被らないほうがいいと言われます。
帽子を被ることで蒸れやすい状態を作り出してしまい、頭皮に汗を溜め込んでしまうわけです。
汗には皮脂も含まれており、毛穴を詰まらせる原因ともなります。
毎日しっかりと洗髪をしていれば汚れは落とせるのですが、実際は完全に除去するのは難しいです。
たとえ僅かな汚れだとしても、毎日その状態が続けば毛穴は詰まってしまうのです。
毛穴を詰まらせないためには、頭皮が蒸れにくい環境を作っていくことが大切であり、そのためには帽子・かつらなどは着用しないほうがいいのです。
確かに帽子は手軽に薄毛を隠すことができますが、隠すことは根本的な解決にはなりません。
育毛とは髪を育てることですから、育毛ケアをしている方はなるべく帽子を被る時間を少なくするべきでしょう。
かつらも同様であり、外出時は装着をしていても、家では外すように意識します。
家で装着しているという方も、就寝中は外して寝たほうがよいでしょう。
かつらも頭髪と同じように、1日に1回のペースで洗浄をするのが好ましいのです。
かつらのベースに皮脂が付着してしまうと、毛穴を詰まらせる原因となります。
薄毛とは毛穴が詰まるところから始まるので、毛穴は常に開かせておく必要があります。
育毛をしても効果が出ない方は、シャンプーを変更することも考えましょう。

外出時に常に帽子を着用している方は、人目を避けて脱ぐことも考えてみましょう。
ただし、運転中など紫外線を浴びやすい状況においては、紫外線が髪や頭皮にダメージを与えてしまうので、帽子を着用したほうが優しいとも言えます。
帽子も役立つ場面はあるので、臨機応変に使用していきたいものです。