育毛剤の付け方で効かない場合はがんく遺伝が関与

育毛を効率的に進めていく上では好ましくないと言われているヘアスタイルが存在します。
それは、ロングヘアーです。
女性は多くの方がロングヘアーなので、育毛に注力する場合は可能な限り短くするといった対策が求められます。
昨今においては男性であっても髪を伸ばしている方が見受けられるので、男女に共通する注意事項と言えるでしょう。
このように、ロングヘアーが育毛に好ましくないのは、毛髪が頭皮をカバーしているような様子になってしまうためです。
頭皮が毛髪によりカバーされることで、外気に触れる機会が減ってしまうため蒸れてしまい薄毛が進むという仕組みです。
外気に触れる事ができず、日光に当たらないという状況により汗や皮脂が留まりやすいのです。
汗や皮脂というのは、雑菌にとって絶好の栄養分となるので悪循環が起こってしまうようになります。
特に注意しなければならないのは、長髪である上にヘルメットや帽子を身に着ける機会が多い方です。
ヘルメットや帽子は着用するだけで蒸れてしまうのにも関わらず、加えて毛髪が長いと汗と皮脂はほぼ蒸発することなく頭皮に留まる事になります。
ただし、薄毛というのはがんと同じように遺伝が大きく関係しているという研究結果が存在します。
中には効能が高い育毛剤を毎日欠かさず正しい付け方を講じているのにも関わらず変化が見受けられないという方が居ます。
そのような方は遺伝が関係していると断定して良いでしょう。
つまり、遺伝により薄毛に陥っている場合は短髪にしても回復は見込めない事になります。
しかし、自分自身で抜け毛が増えている理由を突き止める事は困難なので、原因を特定する方法の中の一つとして短髪にしてみるという選択肢はあります。