アーカイブ | 10月 2016

  • 髪毛の育毛で初毛を育てる

    髪毛が少なくなった時でも改善できる可能性は十分にあるとされていますが、そもそもハゲになってしまっている状態だろうと髪毛は存在します。ハゲだろうと毛根までなくなったわけでない為に近くで見ると産毛が確認でき、それを育てていくことで発毛するのです。 しかしながら産毛を育てるのは簡単なことではありません。産毛にまで弱くなってしまったということは毛根の活動がかなり低下していることを意味していますので、的確な対策をしないと改善することはないのです。その為、正しい対策法を身につけておくことが大切です。 産毛を成長させる為には原因を理解する必要がありますが、薄毛及びハゲになってしまう主な原因は男性型脱毛症の場合が多いとされています。ですから殆どの場合は男性型脱毛症を改善する為の対策を行うことになるでしょう。 対策法としては治療薬を利用するのが一般的です。治療薬としては飲み薬と塗り薬ですが、これら2つの薬で育毛をしていくことで産毛の成長が実現できる可能性があります。なお、治療薬を利用していると抜け毛が却って多くなることがありますが、その際に薬を止めてしまわないように注意が必要です。抜け毛が多くなってしまうのはこれから初毛が育つ前触れです。新しい毛が古い毛を押し出すことによって抜け毛が多くなると言われており、そこからさらに継続することで発毛をさせることができるのです。 しかし男性型脱毛症は強力ですので治療薬では改善できない可能性もありますが、そのような時には別の方法で対策をすることもできます。注射治療や植毛などが挙げられますが、こうした治療法も高い効果があります。ただ一般的にはまず治療薬を用いた薄毛対策から始めることが多いです。