AGAの兆候があるならリアッププラスで育毛が良い

最近、髪の毛が薄くなってきた、朝起きた時に枕に髪の毛がついているなど、薄毛や抜け毛が気になってきたという場合には、AGA(男性型脱毛症)を疑ってみましょう。AGA(男性型脱毛症)とは、思春期以降の男性に発症する薄毛や抜け毛の症状で、放っておくと徐々に進行していき、次第に髪の毛が生えてこなくなってしまいます。そのような兆候が見られる場合には、大正製薬グループから発売されている「リアップ」で育毛を行うのが有効です。「リアップ」には、さまざまなシリーズが発売されていますが、なかでも「リアッププラス」は、AGA(男性型脱毛症)の治療に有効な成分であるといわれている「ミノキシジル」だけでなく、頭皮に栄養を補給し、さらに発毛環境を整えてくれる「パントテニールエチルエーテル」や、脂質の抗酸化作用によって、過酸化脂質の発生を防いでくれる「トコフェロール酢酸エステル」、抗炎症作用が高く、頭皮に清涼感を与えてくれる「L-メントール」などをプラスし、さらに発毛効果が高くなったといわれています。「リアッププラス」は、1日2回、1回1mLを脱毛している頭皮に噴射して使用します。発毛効果があらわれるまでには、個人差もあるため、時間は必要となります。通常、リアッププラスの効果を得ることができるようになるまでには、少なくとも6ヵ月以上掛かると言われていますので、途中で使用をやめたりせずに、少なくとも半年から1年程度は様子を見るようにしましょう。また、脱毛による精神的なストレスは、さらに症状を悪化させる場合がありますので、あまり気にせずに気長に治療を行うようにしましょう。現在、それほど薄毛や抜けは気にならない方でも、親族に薄毛の人がいる場合には、予防として使用されることをおすすめします。